【特集】ブダペスト国立工芸美術館名品展

ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ

【特集】ブダペスト国立工芸美術館名品展


 古くから、日本や中国の工芸品は西洋にとって憧憬の的でした。とりわけ陶磁器やガラスの製品においては、日本や中国の工芸を手本として、材質、形状、装飾などの面で様々な試行錯誤が繰り返されてきました。19世紀後半、日本の美術工芸品がヨーロッパに流入すると、日本の文化に対する人々の熱狂を巻き起こし、西洋の工芸品やデザインに影響を与えるようになります。1854年の開国以降、日本では欧米との貿易に拍車がかかり、ヨーロッパやアメリカの愛好家の求めに応じて多くの美術品や工芸品が輸出されました。日本の文化、また日本そのものに対する憧れによって、ジャポニスムは西洋の作家やデザイナーたちの間で流行のスタイルとなったのです。その影響は、19世紀末の西洋諸国を席巻したアール・ヌーヴォー様式の作品にも大いに見られます。そして、ヨーロッパ諸国の他の工芸美術館と同様、ブダペスト国立工芸美術館も1872年の開館当初から、ジャポニスム様式の作品とともに日本の漆器や陶磁器を始めとする日本の工芸品を積極的に収集してきました。
 本展覧会は、日本の美術を西洋がどのように解釈したか、そして日本の美術や工芸がどのようにして西洋に影響を与えたか、そのありようを19世紀末葉から20世紀初頭までの工芸作品の作例を通じて辿るものです。ジャポニスムとアール・ヌーヴォーをテーマに、ブダペスト国立工芸美術館のコレクションからエミール・ガレ、ルイス・カンフォート・ティファニーらの名品とともに、ジョルナイ陶磁器製造所などで制作されたハンガリーを代表する作品群を含めて約170件(約200点)をご紹介いたします。

《第1章》
自然への回帰 -歴史主義からジャポニスムへ
From Historicism to Japonism

1006budapest_b2.jpg
《濃紫地金彩昆虫文蓋付飾壺》ミントン社 1872年

 展覧会の最初の章では、日本美術の影響が認められるヨーロッパの作品の 中でも、最も強くその影響を受けたジャポニスムの初期段階の作品を紹介 します。作品にみられる日本的な装飾や直線的で平面的な表現、大胆な 構図が特徴といえます。その一方で、偶発性の美の追求にはまだ至らず、 設計通りにほぼ完璧に仕上げられた作品の作りや、描かれたモチーフに一定 の距離を置く姿勢、事前に入念に計算された装飾の効果の点で、これらの 作品は、西洋の美術様式としては歴史主義につながるものとされます。

《第2章》
日本工芸を源泉として -触感的なかたちと表面
Far Eastern Influences - Shapes and Surfaces

1006budapest_c2.jpg
《結晶釉花器》ジョルナイ陶磁器製造所 1902年

 西洋では陶器を覆う釉薬や顔料は一つひとつの装飾に合わせて配合し、完璧な仕上がりとなった作品が高く評価されて きました。これに対して、東洋では釉薬の芸術的な効果を達成 するための条件を整えた上で、なおかつ焼成中に起こる予期 せぬ事態や偶発性に自由な創作の余地を残しています。このような東洋の陶磁器の影響を受けて、多くのヨーロッパの工芸 作家たちは、特別で 特殊な色合いを求め、釉薬を様々に配合し、色と斑紋の組み合わせや光、美しい効果をうみだす釉薬 の実験を重ねて成功します。本章ではそれら特徴的な表面の 装飾を持つ作品を紹介します。

《第3章》
アール・ヌーヴォーの精華 -ジャポニスムを源流として
Art Nouveau - The Golden Age of Japonism

1006budapest_d3.jpg

《洋蘭文花器》 エミール・ガレ 1900年頃

 ジャポニスムの作品は文学や絵画、グラフィック、工芸などの分野でつぎつぎと誕生し 、そ の考え方や表現技法は、西欧の唯美主義運動とも連動するものでした。やがてジャポニスムはアール・ヌーヴォーの源泉のひとつとなって芸術のあらゆる領域へと広がりを見せるようになります。本章では、多数出品される陶磁器やガラス作品を 特徴に基づいて、花、表面の輝き、伝統的な装飾モチーフ、鳥と動物の4つに分類して紹介いたします。


《第4章》
建築の中の装飾陶板 -1900年パリ万博のビゴ・パビリオン
Japonism in Architecture - The Bigot Pavilion

 陶器は数千年前から壁や屋根の建築資材として、あるいは壁を装飾するカバータイルとして使われてきました。19世紀末になると、この 歴史に新たな章が加わります。工場生産の導入によって、より大きなサイズの陶板の製造が可能となり、柱や支柱、アーチ、アティッ ク(上屋)などを飾る陶板や、壁のカバータイルなどとして様々な陶器が作られ、鉄筋コンクリート構造の建造物を装飾しました。本章で 紹介する作品は、フランスでの陶芸においても極めてユニークな建築用陶器群、いわゆるビゴ・パビリオンの建築装飾の一部です。 1900年に開催されたパリ万国博覧会のために建築家ジュール・ラヴィロットが設計し、建設されたパビリオンで、この万博でグランプリ を受賞した後にブダペスト国立工芸美術館館長が買い上げました。他方、ハンガリーのジョルナイ陶磁器製造所は、芸術的な装飾品 の製造において第一級であったばかりか、数百種に上る建築用装飾陶器も製造していました。それらは傑出した建築家や彫刻家の 作品であったのです。ここでは、ジョルナイ陶磁器製造所が製造した陶器の中からフリーズ用タイルの一部もご紹介します。

《第5章》
もうひとつのアール・ヌーヴォー -ユーゲントシュティール
Another Way of Art Nouveau - Jugendstil

1006budapest_f2.jpg アール・ヌーヴォーはヨーロッパにおける最後の普遍的美術様式と見なされており、ふたつの潮流から成っています。ひとつは、植物的アール・ヌーヴォーないしはフロレアル・アール・ヌーヴォーと呼ばれるも ので、もうひとつは幾何学的アール・ヌーヴォー、いわゆる「ユーゲントシュティール」です。後者は、主に ドイツ語圏で発展しました。ユーゲントシュティールの作品は、直角や幾何学的なディテールが特徴で、 シンメトリーや様式化された植物モチーフがしばしば使用されています。本章で展示される蘭の花で 豪華に飾られたティーセットは、植物的な要素と幾何学的な要素を併せ持つ両様式の境界上にある 作品ですが、背景に描かれた縞模様や格子模様からは日本美術の影響もみることができます。

《植物文花器》ベルリン王立磁器製作所 1910年頃



《第6章》

アール・デコとジャポニスム
Japonism and Art Deco

1006budapest_g.jpg

《多層間金箔封入小鉢》ドーム兄弟 1925-1930年


 本章ではアール・ヌーヴォーに続く様式のアール・デコに典型的な作品を紹介します。 アール・デコにおいて、アール・ヌーヴォーの植物モチーフは変化し、著しく抽象的なもの になります。くっきりとしたフォルムが現れ、しばしば色彩が重要な役割を果たします。 豪華でエレガントなスタイルのアール・デコには数多くの新しい素材が使われます。 本章で紹介される作品は、日本の影響がアール・ヌーヴォーを超えて存続したこと を教えてくれるでしょう。例えば、ガラスの層の間に薄い金箔が裂けたように美しく広がる器は、蒔絵の漆芸品に着想を得たきわめてモダンな作品といえるでしょう。

※画像写真の無断転載を禁じます [所蔵]ブダペスト国立工芸美術館蔵


■展覧会名/「ブダペスト国立工芸美術館名品展」 ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ
■会期/2021年10月9日(土)〜12月19日(日)
■休館日/水曜日 ただし11月3日は開館
■開館時間/午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
※11月5日(金)、12月3日(金)は夜間開館を実施致します。午後8時まで開館
(ご入館は午後7時30分まで)
■会場/パナソニック汐留美術館
(〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階)
■入館料/一般:1,000円/65歳以上:900円/大学生:700円/中・高校生:500円/小学生以下無料
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
■主催/パナソニック汐留美術館、毎日新聞社
■後援/ハンガリー大使館、ハンガリー文化センター、港区教育委員会
■協力/ルフトハンザ カーゴ AG、ルフトハンザドイツ航空会社
■企画協力/アートインプレッション
■お問い合わせ/TEL. 050-5541-8600(ハローダイヤル)

◎公式HP→ https://panasonic.co.jp/ls/museum/
◎公式Facebook→ https://www.facebook.com/shiodome.museum
◎公式Twitter→@shiodome_museum


★こちらの観覧券を5組10名様にプレゼント!

★申込み締切 10/22(金)12:00まで
※ 当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。


更新日:2021年10月6日(水)

ブダペスト国立工芸美術館名品展

入力例:foo@example.com

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント レディ東京LINE 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ