柏木京子のココロが喜ぶおうちご飯

柏木京子のココロが喜ぶおうちご飯



● VOL.11 ● 鶏団子と大根のお味噌汁



kashiwagi11.jpg


 暦の上ではもう冬の始まり、寒くなってきましたね。今回は寒い日に食べたい、温かい汁物です。まずはお出汁に大根を入れて火にかけます。ことこと、ことこと。じっくり熱を伝えます。大根が柔らかくなったら、鶏団子を鍋へ。ふんわり鶏団子のお味噌汁、大根に旨味が染みてとてもおいしくなります。これから美味しくなる小松菜もたっぷり入れて召し上がってください。鶏の旨味と味噌が合わさる優しい味で、心もほっこり。温かい汁物で体を中から温め、風邪に負けないように免疫力を高めていきましょう。


kashiwagi11_a.jpg

【材料】
(4人分、鶏団子12個くらい)
☆鶏ひき肉.......................................200g
☆卵................................................1個
☆塩................................................2つまみ
☆味噌.............................................小さじ1
☆酒................................................小さじ1
☆片栗粉..........................................小さじ1
☆しょうが.......................................みじん切り(1かけ分)
☆長ネギ..........................................みじん切り 10cmくらい
大根.............................................4cm
小松菜..........................................2〜3株
出汁.............................................600cc
味噌.............................................小さじ4


■ 作り方 ■

kashiwagi11_b.jpg
1. 大根の皮をむき、厚さ7mmくらいのいちょう切りにする。小松菜を3cmに切る。 しょうが、長ネギをみじん切りにする。

2. 大鍋に出汁と大根を入れて火にかけ、5分煮る。

kashiwagi11_c.jpg
3. 肉種を作る。ボウルに鶏ひき肉から、長ネギのみじん切りまで(☆マーク)の材料を全て入れ、よく混ぜる。

kashiwagi11_d.jpg
4. 大根が柔らかくなったのを確認し、肉種をスプーン2本で形を整えながら、出汁の中にそっと入れる。すべて入ったら、中火で5分くらい煮る。

kashiwagi11_e.jpg
5. 味噌を溶き入れ、小松菜を加えて火を通す。

kashiwagi11_f.jpg
6. 味見をし、味を整える

kashiwagi11_g.jpg
7. お椀に盛り、お好みで七味唐辛子、黒胡椒などをかけていただく。



<<<
 ● VOL.10 ● 豚肉の塩麹焼き 蒸しなす添え

 ■  P R O F I L E  ■ 

kokoro_pro.jpg自宅料理教室「チアフルキッチン」主宰
にんべん だしアンバサダー
柏木京子(かしわぎ きょうこ)

出産時に生死の境をさまよった経験から「食の大切さ」を実感、自宅などで料理教室を始める。夫がアメリカ西海岸に転勤になった2011年からSkypeによるオンライン料理教室を開始。帰国後は「いまさら聞けない料理の基礎」など主婦の悩みに応えるテーマのレッスンを次々企画、人気を博す。オンライン教室はのべ1,000人以上が参加。自宅での料理教室もリピーターが多い。

更新日:2020年11月4日(水)

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 媒体資料 朝日おでかけ