マダムのり子の「おしゃれの哲学」

マダムのり子の「おしゃれの哲学」



*** VOL.07 ***


■ 梅雨のおしゃれ ■

 今年も梅雨の季節がやってきました。お日様大好きな私としては、雨の日は憂鬱。梅雨は、気分も下がるし、体調も崩しがちになります。
 「ジメジメとした梅雨はおしゃれを楽しめない!」なんてお悩みの方もいるのではないでしょうか? 「あの服を着ようと思っていたのに雨が降っている・・・」 せっかく着たい服があっても、雨が降った日には避けなければいけない服もありますよね。 ハネが気になる白いボトムスはNG 裾が汚れやすいワイドパンツはNG フェミニンなロングスカートも着づらい。 でも、梅雨の時期でも、できる限りおしゃれを楽しみたいものですね。 梅雨には梅雨のファッションを楽しむコツがあるのです。 雨だって楽しい!と思えるアイテムがあれば乗り切れるはずです。

 私が雨の日に使っていて重宝している物を紹介します。それは決してレイングッズとして販売されていた物に限りません。使えそうなものは使います。
 まずは、足元です。もちろん、レインブーツは持っています。おしゃれなゴム長靴ですが、脱ぎにくいのが難点なのです。ついつい、履くのをさけています。その代りに最近良く使っているのはこちらのショートブーツたちです。
0703nobuta_a.jpg


 合皮エナメル。冬のセールで購入したものです。梅雨用に使うつもりで買いました。確か、3,000円くらいでした。雨用のレインブーツを買うよりかなりお得です。合皮ですから雨でも安心して履けます。濡れても拭くだけで大丈夫。モードなファッションにも合わせられるのがなんとも嬉しい。

0703nobuta_b.jpg
BLUNDSTONE side gore boots
 こちらはカジュアルなコーディネートの時に使っています。このブーツはタスマニアの老舗ブランドのものです。履き口の前後に付いているループに指を通して履くことが出来ます。ソールとアッパーが一体成型されていて天然皮なのに水が染み込まないサイドゴアブーツです。晴れの日雨の日ともに使えるブーツです。

ビーチサンダルなんて言うのも有りですよ。濡れてしまった足は洗えばいいだけですから。

0703nobuta_c.jpg
レインコート
 レインコートとして販売していたものはもってはいません。ポリエルテル素材のはっ水加工されている物をレインコートとして使っています。敢えて、レインコートにも使えそうな物を購入しています。レインコートを買うよりお安いのと、レインコートとして販売している物に気に入るものが無かったのです。案外、代用できるのです。フェイクレザースカートも梅雨にはもってこいです。濡れたら拭けば良いだけなのでかなり重宝します。

0703nobuta_g.jpg
 最近みつけた優れものをご紹介しますね。300円ショップで見つけたバッグ用レインポンチョ。(左)大切なバッグを雨から守ってくれるのです。コンパクトに仕舞えるのでバッグに入れておけば、急に雨が降り出しても安心ですね。


折り畳み傘ポーチ

 濡れたままカバーにいれてバッグに入れられる、バッグ収納です。濡れた傘をどこかに忘れて置いてくる心配がなくなります。

うっとうしい梅雨もお気に入りの物があれば気分も明るくなります。外出するのも億劫ではなくなりますね。

<< VOL.06 マダムのり子の「おしゃれの哲学」

 ■  P R O F I L E  ■ 

0109nobuko_e.jpgパーソナルスタイリスト
信田 教子(のぶた のりこ)

専業主婦から50歳で資格を取り、パーソナルスタイリストに。悩みが生じてくる50代こそスタイリングで自分を変えられるという信念の基、メンタリティーをあげるコーディネートのお手伝いをしている。ショッピングアテンド、ショッピングクルーズ、ワードローブ診断、各種講座を開催。ショップチャンネルのゲスト出演も務めるなど幅広く活躍中。

更新日:2019年7月3日(水)

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com