【特集】奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

【特集】奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

曽我蕭白 《雪山童子図》 紙本着色 一幅 169.8×124.8cm 明和元年(1764)頃 三重・継松寺

 『奇想の系譜』は美術史家・辻惟雄氏(1932-)によって、今から約半世紀前の1970年に著された名著。同書で採り上げられたのは、それまで書籍や展覧会でまとまって紹介されたことがなかった、因襲の殻を打ち破った、非日常的な世界に誘われるような絵画の数々でした。
 本展は同書で紹介された岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の作品を厳選しラインナップ。近年の「若冲ブーム」、「江戸絵画ブーム」、ひいては「日本美術ブーム」の実相をご存知の方も、またこの展覧会ではじめて魅力的な作品に出会うことになる方にも、満足してもらえる内容を目指しています。
 奇想天外な発想にみちた作品の数々を紹介し、現代の目を通した新たな「奇想の系譜」を発信する本展で、江戸絵画の斬新な魅力を心ゆくまで堪能してください。

0206kisou_b.jpg

(左)白隠慧鶴《半身達磨図》紙本着色一幅 192.0×112.0cm 江戸時代(18世紀) 大分・萬壽寺
(右)伊藤若沖《紫陽花双鶏図》絹本着色 一幅 139.4×85.1cm 江戸時代中期(18世紀) 
米国・エツコ&ジョー・プライスコレクション
(下)歌川国芳《宮本武蔵の鯨退治》大判錦絵三枚続 弘化4年(1847)頃 個人蔵


0206kisou_c.jpg
伊藤若沖《象と鯨図屏風》紙本墨画 六曲一双 各159.4×354.0cm 寛政9年(1797) 滋賀・MIHO MUSEUM

0206kisou_d.jpg
曽我蕭白 《群仙図屏風》 紙本着色 六曲一双 各172.0×378.0cm 明和元年(1764)文化庁 重要文化財 
【展示期間:3月12日〜4月7日】

0206kisou_e.jpg
長沢芦雪 《白象黒牛図屏風》 紙本墨画 六曲一双 各155.3×359.0cm 江戸時代中期(18世紀) 
米国・エツコ&ジョー・プライスコレクション

0206kisou_f.jpg
岩佐又兵衛《山中常磐物語絵巻 第四巻(十二巻のうち)》紙本着色 一巻 34.1×1259.0cm 
江戸時代初期(17世紀前半)静岡・MOA美術館 重要文化財 【展示期間:2月9日〜3月10日】

■ 会期/2月9日(土)〜4月7日(日)
■時間/9時30分〜17時30分
※金曜日、3月23日(土)、3月30日(土)、4月6日(土)は20時まで
※最終入室は閉室の30分前まで
■休室日/月曜日、2月12日(火)但し、2月11日(月・祝)、4月1日(月)は開室
■ 観覧料/一般1,600円、大学生・専門学校生1,300円、高校生800円、65歳以上1,000円
■ 会場/東京都美術館 企画展示室(東京都台東区上野公園8-36)
■主催/東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)日本経済新聞社、
NHK、NHKプロモーション
■共催/朝日新聞社
■企画協力/浅野研究所

◎展覧会サイト
 https://kisou2019.jp


更新日:2019年2月6日(水)

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ