【特集】新・北斎展 HOKUSAI UPDATED

あなたはまだ本当の北斎を知らない。

【特集】新・北斎展 HOKUSAI UPDATED

葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖波裏」
大判 天保初期(1830-34)頃 島根県立美術館(新庄コレクション)
(展示期間2月21日(木)〜3月24日(日)※1月17日(木)〜2月18日(月)は日本浮世絵博物館の作品を展示)

 葛飾北斎(1760〜1849)は世界で最も知られた日本の芸術家の一人です。近年、国内外で展覧会が相次ぎ開催され、出版物も数多く発行されたことによって、一段と国際的な高まりをみせています。この状況をふまえ、北斎の没後170年にあたる2019年に「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」が開催されます。
 世界的に名高い「冨嶽三十六景」や19世紀のヨーロッパにおけるジャポニスムの流行の契機となった『北斎漫画』などの有名作だけに焦点を当てるのではなく、本展では北斎の絵師人生を作風の変遷と主に用いた画号によって6章に分けて紹介。国内外の名品はもちろん、近年発見された作品、初公開作品を通じて真の北斎に迫ります。

0109hokusai_b.jpg


(左上)葛飾北斎「冨嶽三十六景 凱風快晴」大判 天保初期(1830-34)頃 島根県立美術館(新庄コレクション)
  展示期間1月17日(木)〜2月18日(月)
(左下)葛飾北斎《弘法大師修法図》紙本1幅 弘化年間(1844-47) 西新井大師總持寺 通期展示
(右)葛飾北斎《向日葵図》紙本1幅 弘化4年(1847) シンシナティ美術館 
Cincinnati Art Museum, The Thoms Collection-Given by Mrs. Murat H. Davidson in
Honor of her Grandfather, Joseph C. Thoms, 1982.15 通期展示


■会期/1月17日(木)〜3月24日(日)※会期中、展示替えあり
■時間/10時〜20時 ※火曜日のみ17時まで(最終入館は閉館の30分前まで)
■休館日/1月29日(火)、2月19日(火)、2月20日(水)、3月5日(火)
■入館料/一般1,600円、高大生1,300円、小中学生600円
■会場/森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)(東京都港区六本木6-10-1)
■主催/日本経済新聞社、NHK、NHKプロモーション、森アーツセンター
■協賛/伊藤忠商事株式会社、凸版印刷株式会社、三井住友海上火災保険株式会社
■特別協力/島根県立美術館
■協力/日本航空
■問合せ/03(5777)8600(ハローダイヤル)
展覧会公式サイト https://hokusai2019.jp/

更新日:2019年1月9日(水)

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com