【特集】フェルメール展

それは、このうえもなく優雅な事件。

【特集】フェルメール展

《牛乳を注ぐ女》
1658-1660年頃 油彩・カンヴァス 高45.5×幅41cm
アムステルダム国立美術館 1107vermeer_rogo.gif

 オランダ絵画黄金時代の巨匠、ヨハネス・フェルメール(1632-1675)。国内外で不動の人気を誇り、寡作でも知られ、現存する作品はわずか35点とも言われています。今回はそのうち9点までが東京にやってくる日本美術展史上最大のフェルメール展です。「牛乳を注ぐ女」「手紙を書く女」「真珠の首飾りの女」「ワイングラス」・・・欧米の主要美術館から特別に貸し出される、日本初公開作を含む傑作の数々が、上野の森美術館の【フェルメール・ルーム】に展示されます。

最大にして、最も贅沢な。フェルメール展

1107vermeer_b.jpg

(左上)ヨハネス・フェルメール 《赤い帽子の娘》1665-1666年頃  ワシントン・ナショナル・ギャラリー
National Gallery of Art, Washington, Andrew W. Mellon Collection, 1937.1.53 ※12月20日(木)まで展示
(右上)ヨハネス・フェルメール《ワイングラス》1661-1662年頃 ベルリン国立美術館
© Staatliche Museen zu Berlin, Gemäldegalerie / Jörg P. Anders
(左下)ヨハネス・フェルメール《真珠の首飾りの女》1662-1665年頃 ベルリン国立美術館
© Staatliche Museen zu Berlin, Gemäldegalerie / Christoph Schmidt
(右下)ヨハネス・フェルメール《マルタとマリアの家のキリスト》1654-1655年頃 スコットランド・ナショナル・ギャラリー
National Galleries of Scotland, Edinburgh. Presented by the sons of W A Coats in memory of their father 1927

01. 

日本美術展史上最多のフェルメール作品9点が東京に。
 寡作で知られ、現存作35点ともいわれるフェルメール作品。そのうち、日本初公開の「ワイングラス」「赤い帽子の娘」「取り持ち女」を含む9点が、欧米の主要美術館から特別に貸し出されます。※会期中、一部作品の展示替えがあります。


02. 

奇跡の「フェルメール・ルーム」
来日するフェルメール作品は、すべての作品がひとつの部屋に飾られます。その名も「フェルメール・ルーム」。それは、フェルメール本人も目にしたことのないであろう奇跡の光景です。キャリアのほぼ全段階から選ばれた傑作の数々は、彼の芸術表現の幅広さと豊かさを示してくれることでしょう。


03. 

フェルメールを200%味わい尽くすために。
「日時指定入場制」「音声ガイド全員無料」 美術展では適用の少ない「日時指定入場制」にて、来場者が入場の際に長時間待つことなく鑑賞できる運営をめざしています。さらに、来場者全員に音声ガイドを無料で提供するなど、より快適に作品と向き合えます。


04. 

17世紀オランダ絵画の傑作約50点
フェルメールだけではなく、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらオランダ同時代の絵画と合わせた約50点を通して、17世紀オランダ絵画の広がりと独創性を紹介します。

ヨハネス・フェルメールとは

 1632年、オランダのデルフトに生まれる。21歳から画家として活動をはじめ、手紙を書く女性や、室内で歓談する男女など、人々の日常を題材とする風俗画を主に描く。吟味された構図、緻密な筆遣い、優しく穏やかな光の表現を用いながら、美しく洗練された作品を残した。当時、デルフトの画家組合の理事を務め、その絵を愛好するパトロンもおり高い評価を受けていたが、1675年に43歳で没すると、次第に忘れ去られていった。その後、19世紀になってから再発見され、あらためて評価されるようになる。現存する作品は35点とも言われ、作品の素晴らしさと希少性の高さも相まって、世界的にも屈指の画家として人気を集めている。



「フェルメール展」

■会期/〜2019年2月3日(日)※会期中、一部作品の展示替えあり。
「赤い帽子の娘」〜12月20日(木)、「取り持ち女」1月9日(水)〜2月3日(日)
■休館日/12月13日(木)
■開館時間/9時30分〜20時30分(入場は閉館の30分前まで)
※開館・閉館時間が異なる日があります
■会場/上野の森美術館 〒110-0007 台東区上野公園1-2
■アクセス/JR「上野駅」公園口より徒歩3分、東京メトロ・京成電鉄「上野駅」より徒歩5分
■入場方法/日時指定入場制
■観覧料/前売日時指定券:一般2,500円、大学・高校生1,800円、中学・小学生1,000円 
※未就学児は無料 ※チケット発売日、購入方法などの詳細は公式HPで
■問合せ/インフォメーションダイヤル
TEL.0570(008)035(オペレーター対応:9時〜20時)

公式ホームページ→ www.vermeer.jp/

◎主催/産経新聞社、フジテレビジョン、博報堂DYメディアパートナーズ、上野の森美術館
◎後援/オランダ王国大使館
◎企画/財団ハタステフティング
◎特別協力/NISSHA株式会社
◎協力/ANA、KLMオランダ航空、日本貨物航空、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン
◎総合監修/アーサー・K. ウィーロックJr.(元ワシントン・ナショナル・ギャラリー学芸員)
◎日本側監修/千足伸行(成城大学名誉教授 広島県立美術館長)


★こちらの特製チケットファイル(非売品)を10名様にプレゼント!

★申込み締切11/22(金)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

フェルメール展

入力例:foo@example.com

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com