【特集】ルーベンス展ーバロックの誕生

PETER PAUL RUBENS

【特集】ルーベンス展ーバロックの誕生

ペーテル・パウル・ルーベンス《エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち》
1615-16年 油彩/カンヴァス ファドゥーツ/ウィーン、リヒテンシュタイン侯爵家コレクション
©LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna


 17世紀を代表する画家のひとり、ルーベンス(1577-1640)。スペイン領ネーデルラント(現在のベルギーあたり)で活動した彼の作品は豊かな色彩や動き溢れる構図によって、当時のヨーロッパを席巻した"バロック美術"の見本となっています。大規模な工房を構え画家として名声を博す一方で、大変なインテリだったために外交官としても重要され、外国の宮廷で外交交渉をしつつ、同時に絵画の注文を受けて作品を制作しました。
 本展ではとりわけ、ルーベンスとイタリアとのかかわりに注目します。彼は若い頃およそ8年間をイタリアで過ごし、その後もこの地の古代美術やルネサンスの古代美術を学び続けました。しかし同時にルーベンスは、イタリアに残した作品によって若い画家たちに影響を与え、この地にバロック美術が花開くきっかけを与えたとも考えられます。本展ではルーベンスの作品はもとより、彼が影響を受けた古代美術やルネサンス作品、そして同時代以降のイタリア人画家の作品を一堂に展示します。近年では最大規模のルーベンス展です。

1003rubens_b.jpg

ペーテル・パウル・ルーベンス《マルスとレア・シルウィア》 (左)
1616-17 年 油彩/カンヴァス ファドゥーツ/ウィーン、リヒテンシュタイン侯爵家コレクション
©LIECHTENSTEIN. The Princely Collections,Vaduz-Vienna
ペーテル・パウル・ルーベンス《パエトンの墜落》 (右)
1604-05年頃、おそらく1606-08年頃に再制作 油彩/カンヴァス ワシントン、ナショナル・ギャラリー
National Gallery of Art, Washington, Patron's Permanent Fund, 1990.1.1



1003rubens_c.jpg

ペーテル・パウル・ルーベンス《クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像》
1615-16 年 油彩/板で裏打ちしたカンヴァスファドゥーツ/ウィーン、リヒテンシュタイン侯爵家コレクション
©LIECHTENSTEIN. The Princely Collections,Vaduz-Vienna



1003rubens_d.jpg

聖母大聖堂
ベルギー・フランダース政府観光局提供


 ルーベンスの作品には今も聖堂に飾られ、その大きさと尊さ故に日本には輸送できない多くの傑作があります。『フランダースの犬』でお馴染みのアントウェルペンにある聖母大聖堂の《キリスト昇架》、《キリスト降臨》、《聖母被昇天》もその代表。今回は国立西洋美術館内ロビーにて、4Kカメラの映像と極上音質によって、聖堂内の空気感そのままを完全再現することに挑戦します。


ルーベンス展ーバロックの誕生
■会期/10月16日(火)〜2019年1月20日(日)
■時間/9時30分〜17時30分
※金曜日・土曜日は20時まで、11月17日(土)は17時30分まで ※入館は閉館の30分前まで
■休館日/月曜日 、12月28日〜1月1日、15日(ただし12月24日、1月14日は開館)
■観覧料/一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円、中学生以下無料
■会場/国立西洋美術館 (台東区上野公園7−7)
■主催/国立西洋美術館、TBS、朝日新聞社
■後援/ベルギー大使館、イタリア大使館、ベルギー・フランダース政府観光局、
BS-TBS、TBSラジオ
■協賛/NISSHA株式会社、あいおいニッセイ同和損保、三井物産 、
東日本旅客鉄道株式会社、株式会社シュガーレディ
■協力/西洋美術振興財団
■問合せ/03(5777)8600(ハローダイヤル)

◎展覧会公式サイト http://www.tbs.co.jp/rubens2018/


★こちらの観覧券を10組20名様にプレゼント!
★申込み締切 10/12(金)12:00まで
※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

ルーベンス展ーバロックの誕生
受付は終了しました。

ログイン後に送信可能になります。ページ上部にある認証ボックスより認証をしてください。

会員登録はこちら web限定会員プレゼント 今月のladytokyo 朝日おでかけ ふるさといろは.com